自然。

022_convert_20170929095044.jpg
こんにちは。
雨上がりの空、昔の空色。
きれい。

021_convert_20170929095016.jpg

雲も迫力。

019_convert_20170929094958.jpg

優しい手。

026_convert_20170929095307.jpg

背景の中のひとつひとつが
主人公になるとき
余裕が出てくる。

頂いたものに少し手を加え
満足。

028_convert_20170929095327.jpg

自然のひとつひとつのアピールは美しくて
気づかないのは
もったいない。

こんな美しい世界に生きていること
忘れてた。

スポンサーサイト

お魚


こんにちは。
魚を釣ってきたからーって頂きました。
鯛、飯かな。

お刺身でしょ。
下せない、、ハハ。

001_convert_20170928143140.jpg

カツオに、飛び魚、アジ。
下せない、、ハハ。
結局、3枚下しにお願いして。

食卓へ。

003_convert_20170928143215.jpg

散歩しながら、葛の花。
いい香。
お魚、新鮮だったなー。
内臓もこりっとしてた。
捨てるところはないよって教えてくれた
板前の彼のように
骨は焼いてから
少しのお塩とお酒でお吸い物に。

007_convert_20170928143239.jpg

あーお魚、下せなかったなー。
でもいいかっそのままにして、
今日は、捨てなかった、、、これこそ成長。

別の手段での工夫、考えれたことに満足。
出来ない事も
下してくれたありがとうって満足。

ありがとうございました。

モリンガ

019_convert_20170925172933.jpg
こんにちは。
体調を崩した方へ
はるばる石垣島から
届けられた
モリンガ。

これは私がお福分けにいただいたモリンガ。

018_convert_20170925172504.jpg

こちらはありがとうってお礼の栗。
今取ったばかりだから。
植物を通して
同じものが
温める。

006_convert_20170925172213.jpg

空を見上げると
ももいろのハート。
心の投影。

一緒に同じ方向に可能性を見つけ
寄り添うことで
共に眺め
共に想い
素敵な物語が始まる。

応援してる、自然と共に。

ハイチ

012_convert_20170924073249.jpg
おはようございます。
ハイチから素敵な贈り物を頂きました。
西半球で一番貧しい国と言われるハイチ。

010_convert_20170924073308.jpg
(あっまた逆さま)
侵略や戦争、地震。
物や数として扱われた命。

009_convert_20170924073409.jpg

そんな場所で
ウイルスの研究をしている息子さんからのおくりものの
お福わけ。

008_convert_20170924073431.jpg

ハイチの人達の味覚はすばらしいですよってお手紙の一文。

013_convert_20170924073201.jpg

バナナの皮に包まれた黒糖は嬉しそう。
これが販売用でない
現地の人の甘味。

014_convert_20170924073539.jpg

食べ物か毒かを見分ける為に生まれた味覚を
この国の人達は
なくしてないんだ。

すべての感覚を鈍らせること
それが誰かの目的だったなら

足元に眠る自然からの提供物は
植物や鉱物、水を通して
人がめざめる日を
楽しみに待っててくれる。

数じゃなく
物じゃない
命が輝くように。

ありがとうございました。

お食い始め


こんにちは。
ネパール人の知人宅へ車で遠出。
6ヶ月を迎えた赤ちゃんの日本で言う
お食い始め。

019_convert_20170923152827.jpg

みんな赤ちゃんにそっとお金や贈り物を
触れさせ
額に
ヨーヅルトやお米などで作られた
赤いビンディーをつけて
頬をむぎゅって(そう見える)します。

020_convert_20170923152846_20170923153037264.jpg

そしてひとさじ口元へ。

017_convert_20170923152808.jpg

その後食事。(嬉し)
食べきれないくらい次から次へ。

004_convert_20170923152743.jpg

おみやげも頂いて。
食べ物はどこの国でも大切で
それに感謝するお祭りは
大切な人が集まる機会でもあり。
心温まる楽しい時間。

70人ほど集まった人達のほとんどが
人工物の中で働いていて
仕事だからと
言わば不自然な環境へ向かう。

まだ生まれて間もない子供の中の自然が
否定されることなく
自分の成長に幸せを感じれるよう
こころに想う。

いつまでも自然体でっ。

栗拾い


おはようございます。
もうすぐ太陽が昇る時刻。
あまりにも綺麗で
立ち止まる。
デジカメではあはっだけど。

025_convert_20170920102810.jpg

栗拾いに誘われて
山の中へ
どんどん進む。

途中、ムカデやまむし。

012_convert_20170920102945.jpg

蜂。
みんな穏やかで
脅かさなければ
攻撃もされず
みんな通り過ぎて行く。(笑)


032_convert_20170920102831.jpg

今日でお店を閉めて
新潟へ帰る前に
最後のランチをいもぐりさんへ。

031_convert_20170920102906.jpg

そしてこれがおくりもの。
最後の一杯。

033_convert_20170920102849.jpg

どんなに食事が遅れても誰もが笑顔。
どんなに長く座っていても誰もが笑顔。

誰かにいえ
自分にコントロールされないことは
こんなにも
心地いい。

またお店、開くかな。

ぶどう



こんにちは。
この季節もう何年もぶどうを届けてくれます。

184_convert_20170916113757.jpg

食べきれないほどたくさん。
そして
どれもこれも
生産者の物語がある
命のあるものばかり。

大切にしているところが
似てる。

186_convert_20170916113816.jpg

私もっ。
芽が出た。(かわいい)

望む世界はここにある。
居場所はここ。
始まりは心から
始めるのは
足元から。





お野菜

003_convert_20170915163603.jpg

こんにちは。
お野菜を届けようと
畑へ行くと

あおむし。
全部は食べないで。

004_convert_20170915163615.jpg

ここにも。
近くでは
お母さんが
飛んでる。

うーこのまま(笑)

002_convert_20170915163547.jpg

みんなで育ててるものね。
お野菜。

好熱菌の力を借りて
土は柔らかい。
そこで大切に育てられた
ひとつひとつの命は
私達が
あまりにも無防備に取り入れた
人工物を
包んで流してくれる。

何を食べたかで
気分が変わるなら

もっと自然へ。


おいしいって笑顔は
自然体。

嬉しかった、今日も。

やもり

182_convert_20170913170552.jpg
おはようございます。
きっと未来はと
思うけど
動けない。

186_convert_20170913170803.jpg

いくら近視でも見えてないの?

187_convert_20170913170904.jpg

羽がある蝶はどうして飛ばなかったの?

188_convert_20170913171040.jpg

音?

189_convert_20170913171306.jpg

やもりから出てる音。

216_convert_20170913171416.jpg

それぞれが持っている波長。
耳を済ませて
聴いてみる。

周りを見渡せば
自分の音が
創った
世界。



005_convert_20170912174210.jpg

こんにちは。
お野菜を届ける為に
畑に。
あーあーカメムシかなそれともバッタ?
食べてる食べてる
でも光合成できる分は残してね。

007_convert_20170912174231.jpg

どちらもこの畑から生まれた種。
かわいい。

012_convert_20170912174250.jpg

なつめも初めて実をつけた。

004_convert_20170912174148.jpg

カミキリ虫に見つからなかった
柑橘類。

003_convert_20170912174125.jpg

そして持って行った野菜を
カレーに(嬉)

大地に届けるものが
大地の菌たちに育てられ
私達を育てているのなら
少しづつでいいから
見えない世界に
感謝したい。

地球のバランスは
私達のバランス。

百年乃茶進化系。


こんにちは。
お茶のかねきさんの
百年乃茶、進化系(笑)

よく観察してるから
進化していくんだろうなあ。
無農薬に発酵、
細やかな気配りから出る
甘さは自然。

008_convert_20170911163349.jpg

大地から沸きたてのお水で
飲みたくなって

007_convert_20170911163404.jpg

山へ。

006_convert_20170911163424.jpg

ふと見上げると
日本のベンメリア(笑)

004_convert_20170911163450.jpg


進化系のお茶がおいしいのは
正直に表現されてるから。

作り手が楽しい時
表現されるそのものも
そんな気持ちを運んでくれる。

感染、楽しさ(笑)

イチジク


こんにちは。
栗を取りに来てーと電話をいただき
さっそく山へ。

今年最初の栗、、きれい。
さっそく栗ご飯の準備。

022_convert_20170909170507.jpg


まずは栗の皮をむき
だし汁の中へ
少しもち米、お酒、みりん、お塩で完成。
夜が待ちどうしい。
喜ぶだろうなー栗ご飯
多めに4合。

013_convert_20170909170424.jpg


あっ隣のおじさん。
イチジク食べるー?
今取ったからって
今、嬉しい
ありがとうございます。

014_convert_20170909170403.jpg

おいしーい。
今日のデザート(嬉)

旬の今だから
ゆっくりと時間をかけて
作りたい。
そして味わいたい。

四季のある日本。
木の根は
実の中に移り変わりを伝え
私達はそれを口にすることで
季節、季節を
快適に過ごす。

たくさんの秋、ありがとうございました。
もうすぐ夕食(楽)

たたき


おはようございます。
お茶会の場で
長刀包丁あげると言われ、、、うー必要ない。
誰か使うかな?


はーい使うかも。
子供、来週から京都での修行が終って
晴れて板前なの。
今包丁揃えてる。

子供にさっそく連絡を取ると長刀だけない。
オモシロイ、テレパシー、

お礼にその長刀包丁で
お料理を作ってくれることに(嬉)

007_convert_20170908093751.jpg


私のお仕事はわらの調達。
帰り道、おじいさんとお孫さんが
わらの整理をしてる。
少し分けてください。

好きなだけ持っていってー(嬉)
私からは暑い日差しの中
飲んでくださいってお茶。

わらだけ持って御呼ばれに。

008_convert_20170908085108.jpg

かつおのたたきー。

010_convert_20170908085628.jpg

ドラム缶、、サバイバル。

011_convert_20170908085229.jpg

どんどん出来上がるっ。

012_convert_20170908085337.jpg

骨でだしを取ったお味噌汁や
サラダや、、、まだまだ並ぶ。

014_convert_20170714173638.jpg

タイミング。
ためらわず
先延ばしにせず
素直に
それだけで
こんな物語。

そしてためらわず(笑)
私から。
冷たいコンクリートの上、
少しでも和らぐように
インソール。
今度足を合わせに行ってくれませんか?

喜んで嬉)

彼の夢は
僕みたいな修行をしなくても
楽しく知っていることを
提供できる道を作って行きたい。
素敵。


敏感な子供達が
歩きやすい
土の道、、、私も参加したいその志。

休むこと


おはようございます。
満月の夜、月見でもと散歩。
あーおんぶバッタ。
仲良し。
スキンシップは相手と同時に自分の為。
素直自然界。

001_convert_20170907092210.jpg

私も素直に何もしないを楽しみ、
一杯のお茶をいただきに
ヒマラヤキッチンへ。

あーおいしい。
これも発酵茶チャイ。

ミランさんが
サントス君に
美味しいの三つってオーダー。

002_convert_20170907092043.jpg

サントス君からまたまた発酵食品。

005_convert_20170907091744.jpg
(あれ、上下逆ごめんなさい食べてしまったー)

帰ってくると梨が豊橋から届けられてる。
疲労回復。

ゆっくりする時は
遠慮なく、堂々と(笑)

休まないことを美化してた頭を(ポイ)
寝込むよ休まないと(笑)


こんなゆっくりした一日は
素敵な物語を
想像し体験できる機会を
運んできた。

望まない現実の壁にぶつかったら
少し立ち止まって
一休みすると

壁が柔らかかったり
低かったり
壁の横の道を見つけたり
まだまだ
先に進む道があることを
自分で見つけられる。

私は横から寄り道でっ(笑)

ブルーベリージャム


こんにちは。
急激な風土の違いを癒す為に
いつも側にいた菌達を
少しずつ整えていきます。
まずは近くの温泉。
源泉かけ流し。
あー日本。柔らかいっ。(笑)

004_convert_20170906135303.jpg

そして今日飲めるだけ源泉を頂いて
お茶を沸かし、
冷蔵庫の中の
ぬか床からきゅうりをひとつ。

あー平和。

376_convert_20170906150118.jpg

自然は変化し
緑のブルーベリーは
紫に。


食べきれないから
ジャムにして
明日の朝食に。

377_convert_20170906135601.jpg

カンボジアで体感した手仕事。
体とこころが
繋がる。

372_convert_20170906150524.jpg

日が暮れる。
どこにいても
きれい。

風も随分冷たい。
でも源泉で一緒に来てくれた菌達の活動で
ぽかぽか。
こんな菌たちが住む日本は
贅沢な国だ(笑)



握手  菌の交換。


こんにちは。
同じ釜の飯を食う
嬉しいっ、
ラーさんが
僕のいつも食べてるお店って連れて行ってくれた。
テーブルに並べても
ひとり200円ほど。

357_convert_20170905124228.jpg

一番おいしい。
みんな思ってる。


359_convert_20170905124955.jpg

行きたい場所は
どこでも
連れて行ってあげる。本当ー。
マンゴーの美味しいお店で
デザート。


カンボジアの人はね
本当は
こんな風に
いろんなところ
連れて行って
あげたいんだ。
カンボジアは素敵な国だから。
だから僕は
ここを離れない。

ホームページも作って
まだまだある素敵な場所、案内したい。


363_convert_20170905124428.jpg

見上げると雨雲。
雨季だけど傘はしまったまま。(ありがとう自然)
最後に握手、、、菌の挨拶。
この純粋な菌は
思考を豊かに。

ありがとうございました。こころから。

364_convert_20170905124744.jpg

ホーチミンの空港では母のお迎えが遅れたと
食事を頂き、
遺跡群では
初めて車で入りましたなんて
ありえない待遇もあり
なんといっても
ラーさんとの出会いっ

素敵な物語
体験できました。

常識の反対側の世界は素敵だった。
常識に日々疑問を持ち
考え
離れ
素敵な物語は自分で創る。

それは100%の確立で
体験できる。

みんな誰もが持っている想像力。
迷わなければ
決めてしまえば
特別ではなく
いつか常識。

アーデイザンアンコール


こんにちは。
大好きなトゥクトゥクに乗って
ラーさんと私服で遊びます。

アデイーザンアルコールへ。

343_convert_20170904162212.jpg

ここは戦争で親を亡くしたり
地雷で目や耳、足や手の機能を
失った子供達に
職業を提供している場所。

344_convert_20170904162542.jpg

小さな子供達も時は流れ、立派な大人。
フランスの支援で。

351_convert_20170904163448.jpg

すべて手作り。

349_convert_20170904163257.jpg

350_convert_20170904164925.jpg

348_convert_20170904163038.jpg

時間を忘れる。

346_convert_20170904162751.jpg

ここに来れた子供達は幸せと
ラーさん。

347_convert_20170904165224.jpg

母性愛に包まれて
子供達は
自分で生きる。

出来るよね、、大人になったから。
小さな実践。
背筋が伸びる。

ベンメリア



おはようございます。
トンボと一緒にベンメリア。

300_convert_20170902091742.jpg

途中ラーさん、触って怖くないよー百足。
日本のダンゴ虫みたい。

305_convert_20170902091939.jpg

316_convert_20170902093743.jpg

315_convert_20170902093322.jpg

313_convert_20170902093034.jpg

311_convert_20170902092823.jpg

310_convert_20170902092536.jpg

308_convert_20170902092358.jpg

318_convert_20170902094017.jpg

これが自然。
これが宝。

215_convert_20170902091522.jpg

ラーさんが言う。
修復のアンコールワットがあって
手付かずのベンメリアがある。
僕はこれでいいと思う。

自然の中にはこころがある。

こころで
体験する。

窓のない
遺跡の中に差し込む光の中で
離れないでって感じた。

光の暖かさ
土の柔らかさ
風の心地よさ
空の広さ。
水の潤い。

愛おしい。

クバル スピエン


こんにちは。
この足の主が今回のガイドさんラーさん。
70台後半の母にずっとずっと
手を差出してくれた人。

248_convert_20170901153001.jpg

山は僕の遊び場。
知らないことはないよ。

229_convert_20170901152216.jpg

この間はフランス人の家族が
遭難しかけたけど
見つけたよ。

236_convert_20170901152309.jpg

みんなが首を振る中、
寄り添ってくれた。

256_convert_20170901154711.jpg

もちろん道行く人も
ママ、キュートなんて
応援してくれて
写真をパチリ、パチリ。

285_convert_20170901154523.jpg

到着(嬉)
突然ラーさん。
僕の父の時代は戦争、戦争の苦しい時代だった。
僕は戦争も知っているし
終った道のりも知ってる。
僕の子供は戦争を知らない。
楽しい世界のきっかけを
創って生きたいな。(素敵)
まだまだ学校に行けない子供や
地雷で体を傷つけた子供がたくさんいる。
これからだと思ってる、カンボジア。
僕には先が見えるから
アイデアが溢れる。

252_convert_20170901154103.jpg

帰り道、
母はどんどん元気になっていく。

250_convert_20170901152801.jpg

ラーさんの素直な気持ちを
母は手に宿るこころで
キャッチしてるっ。

217_convert_20170901152003.jpg

自然のような手で
触れることは
最高の
薬。
届くかもかちこちのこころに。
母の3時間に及ぶ登山の
笑顔は
かわいかった。

150_convert_20170901155232.jpg

おやつを頂いて(嬉)
なにが好きで
なにがしたいか
知っているって
しっかり
大地と繋がってるなあ。

裸足で歩きたくなった(笑)